Top >  結婚挨拶に行く前の準備 >  事前の 根回しが成功の鍵

事前の 根回しが成功の鍵

結婚を快諾してもらえるかどうか?事前の根回しが成功の鍵となります。

しておいたほうがいい根回しを、把握しておきましょう。



 [根回しその1] あなたのことを話しておいてもらう

結婚の挨拶に行く前に。パートナーに、
あなたのプロフィールを話しておいてもらいましょう。

職業、年齢、性格、こういった基本プロフィールが判れば、親としても安心できます。

若干やりすぎな気もしますが、プロフィール表のようなものを作り、渡しておくのも良いでしょう。


基本プロフィールという‘外掘り’が埋まっていれば、結婚の挨拶の日も、本題に入りやすくなります。


また、心の準備もしやすくなります。

付き合っている相手(あなた)の話を、普段から聞いていれば、

直接言葉にせずとも、結婚を意識していることは伝わりますから。



 [根回しその2] 結婚の挨拶の前に訪問を

パートナーの両親を安心させる意味でも。

結婚の挨拶の前に、実家へ顔を出しておきましょう。


交際中の段階で挨拶をしておけば、

どんな相手なのか、お互いに知ることもできて安心できます。

結婚に対する、心の準備もしやすくなります。


婚約者としてではなく、お付き合いしている○○さんという形で紹介してもらえば、

プレッシャーも少なくなります。

どちらにしろ、品定めはされますが(^^;)



 まとめ。結婚の挨拶に行く前に、あなたのことを知ってもらう

知っている相手であれば、結婚の許可も安心して出せるというもの。

結婚の挨拶に行く前に。あなたのことを知ってもらいましょう。
事前の根回しを欠かさずに行えば、挨拶前から了承されているようなものです。

成功例:挨拶の前に了承された例

         

結婚挨拶に行く前の準備

関連エントリー

はじめに
パートナーと話しておくこと
結婚挨拶のマナー
手土産の選び方・値段の相場
服装 身だしなみ(男性)
服装 身だしなみ(女性)
挨拶に行く日は 知らせておく
事前の 根回しが成功の鍵


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。