Top >  結婚挨拶に行く前の準備 >  服装 身だしなみ(男性)

服装 身だしなみ(男性)

彼女の実家へ挨拶に行く男性へ。服装・身だしなみの注意点を紹介します。


 スーツが一番

挨拶に行く際は、出来ればスーツの着用を。


私服でも問題ありませんが、一番無難なのは、スーツです。

結婚の許可を貰いに行くわけですから、
ビシっと決めましょう。


ネクタイは真っ直ぐ。
シワは伸ばす。
ヘアスタイルも整える。

ここまで気を配れば、服装で外すことはありません。


スーツでない場合は、落ち着いた服装を心がけましょう。

流行の服や、派手な服は避け、落ち着いた服を選択するのが無難です。



 靴は必ず磨いていく

靴を磨くのを忘れないでください。

気づかないところで、しっかりと見られています。

(さりげなく、彼女の母がチェックしています)


普段、靴を磨く習慣がないと忘れがちですが、

結婚の挨拶に行く日だけは、靴を磨いた状態でお邪魔しましょう。



 高級時計・アクセサリは外す。

高級時計やアクセサリは、外していきましょう。

金銭感覚が無いと判断される場合があります。


キラキラする光物は、年配の方には悪い印象を与える事があるため、

結婚の挨拶の場に持ち込むべきではありません。

         

結婚挨拶に行く前の準備

関連エントリー

はじめに
パートナーと話しておくこと
結婚挨拶のマナー
手土産の選び方・値段の相場
服装 身だしなみ(男性)
服装 身だしなみ(女性)
挨拶に行く日は 知らせておく
事前の 根回しが成功の鍵


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。