Top >  成功事例とコラム集 >  成功例:挨拶の前に了承された例

成功例:挨拶の前に了承された例

結婚の挨拶に行く前に、
すでに結婚を了承されていた、K子さん(仮名)の事例です。

結婚の挨拶がスムーズに完了した事例を紹介します。



 早く結婚しちゃいなさいよ。

「ねえ、まだ結婚の挨拶に来ないの?」

K子さんの親は、いつの頃からか、K子さんに聞くようになりました。

親の方からこう聞かれれば最高です。

親が結婚に対して、心の準備が出来ているので、彼も挨拶に来やすくなります。


結婚適齢期の男女が長く付き合っていれば、親も結婚を意識します。

特にK子さんは、親に交際状況を報告していましたから。


彼のプロフィールや、彼の近況を報告し続けた結果、

親も、彼に対する警戒を解いていきました。



 挨拶当日の話。あっさりと、

結婚の許しをもらうため、実家へ挨拶に行ったとき。

玄関に出てきた彼女の母は、すでに何をしに来たのか理解していました。

母「待ってたのよ~。さあ、上がって、上がって。」と、歓迎ムードです。


居間に通された後。いよいよ本題です。

彼が勇気を振り絞って、結婚の意志を伝えます。

彼「K子さんと結婚しようと思います。」
と伝えると、


K子の父「あ、こちらこそよろしくお願いします。」

K子の母「たまには、K子と一緒に遊びに来てくださいね。」と、あっさり了承。


その後、一緒にご飯を食べて、結婚の挨拶は終了。

和やかなムードのまま、あっさり結婚の許可が出ました。



 大事なのは、交際中から様子を伝え続けること

大事なのは、交際中から様子を伝え続けることです。

実家へ挨拶に行った段階で。
K子さんの両親は、彼について、色々なことを知っていました。


彼は結婚の挨拶前に、実家へ遊びに来たこともあります。


K子さんの両親も、気持ちの準備ができていたため、

挨拶に行く前に、すでにOKが出ていたのです。


結婚挨拶の前に、すでに了承されていたK子さんの事例でした。

(めでたし。めでたし)

         

成功事例とコラム集

関連エントリー

成功例:挨拶の前に了承された例
失敗例:最悪な思いをしたRさん
息子離れしていない義母は危険
相手の両親は 人格を見ている
再婚・子連れ・年齢差の場合
「娘はやらん!」ドラマのような展開はある?


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。