Top >  成功事例とコラム集 >  再婚・子連れ・年齢差の場合

再婚・子連れ・年齢差の場合

再婚や子連れ、年齢差が大きい場合。
最初から最後まで、大人の対応をしてください。

反対意見が出ても、相手の話をさえぎらずに最後まで話を聞きます。


 挨拶の前に。よく話し合ってください。

結婚の挨拶の仕方がどうこう、という問題ではなく。
再婚や、子連れ、年齢差の場合は、事前の話し合いが重要になります。


「大人の判断」であることを示すためにも、

地に足の付いたライフプランを伝えてください。

「離婚相手への慰謝料は支払い済み」
「子供の養育費について」

「彼の年収がいくらで、その場合は子育てにいくらかかるから」という類の、

地に足の付いた、具体的なライフプランです。


また、バツイチの場合、離婚理由を聞かれることもあります。

親を安心させる意味でも、正直に答えましょう。

親は、借金、ギャンブル、浮気などを心配しています。



 反対されても、最後まで話を聞く

‘結婚は当人同士の意思で’という考えが浸透した現代でも。

再婚や、子連れ、年齢差が大きいケースは、反対されることが多いです。

年配者の経験をフルに活かして、筋の通った説教をしてきます。


筋の通った意見に対して、闇雲に反論すれば、

子供の我がままだと思われても無理はありません。

反対意見が出た際、相手の話をさえぎらずに最後まで聞きましょう。


相手の話を聞いた後に、落ち着いて‘提案’してください。
結婚をすることを決めた大人として、必ず大人の対応を。



 親の不安は当たり前。

親の不安は当たり前です。
仮に反対されても、子供のことを思っての反対です。

親の気持ちも考慮し、最後まで大人の対応で臨んでください。

         

成功事例とコラム集

関連エントリー

成功例:挨拶の前に了承された例
失敗例:最悪な思いをしたRさん
息子離れしていない義母は危険
相手の両親は 人格を見ている
再婚・子連れ・年齢差の場合
「娘はやらん!」ドラマのような展開はある?


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。