Top >  結婚挨拶の注意点・NG行動 >  緊張することは問題にならない

緊張することは問題にならない

結婚の挨拶に行く。これは、人生の一大事ですから。
いくら緊張しても、緊張しすぎということはありません。



 むしろ、好感を持たれる結果に。

緊張しすぎるほど、緊張していても、マイナスにはなりません。

むしろ、誠実な姿勢が伝わり、好感を抱かれることもあります。

結婚の許可をもらうため、話を切り出すときは、

大学受験の合格発表と、同じくらい緊張します。。


ですが。いくら緊張しても、緊張しすぎということはありません。

結婚の挨拶というイベントは、人生の一大事ですから。

それくらいの緊張で、ちょうどいいのです。

         

結婚挨拶の注意点・NG行動

関連エントリー

喫煙は控えましょう
お酒の飲みすぎに注意
結婚指輪は付けない方が無難
台所はテリトリー?
緊張することは問題にならない


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。