Top >  結婚挨拶に行こう >  話の切り出し方・タイミング

話の切り出し方・タイミング

結婚の許可を貰う瞬間の、話の切り出し方を紹介します。

基本的な流れは、

軽く世間話⇒なんとなく話が途切れる⇒本題  という流れがベストです。



 結婚の話になることは、相手も判っています。

結婚の話をするために家に来たことは、相手側の両親も判っています。

きちんと根回しをしておけば、気持ちの準備が出来た状態で話を聞いてくれます。


話を切り出すタイミングは、早いほうが良いです。

だらだらと世間話が続くと、先延ばしにしたくなります。

「今日はやめとこう。今度来た時でいいや・・・。」と。


結婚の話を切り出すタイミング。基本的な流れは、

軽く世間話⇒なんとなく話が途切れる⇒

⇒ 「今日は、大事な話があって来ました。」という流れがベストです。


話を切り出すときは、声が裏返るくらい緊張しますが、

緊張しているのは、親サイドも同様です。勇気を出して、自分から話しましょう。

         

結婚挨拶に行こう

関連エントリー

お邪魔する時間帯
当日の立ち振舞い
手土産の渡し方
話の切り出し方・タイミング
フォローの重要性
内緒話はNG


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。