Top >  成功事例とコラム集 >  「娘はやらん!」ドラマのような展開はある?

「娘はやらん!」ドラマのような展開はある?

「娘さんを僕にください!」
「娘はやらん!」

こんなドラマのような展開は、テレビの中だけです(笑)

結婚の挨拶の実情は、意外とあっさりとしたものですしね。


 冗談でもそのセリフだけはやめましょう。

「娘さんを下さい!」

冗談でも、そのセリフだけはやめましょう。


親の立場からすると「娘さんをください」といわれると

娘は物じゃないなんだ!と思います。


なので、「娘さんを幸せにします。」「娘さんを一生守り続けます。」など

前向きな言葉を言うようにしましょう☆


もし「娘さんを下さい」と言って、断られなかったとしても、「この人大丈夫かなあ?」と、

相手側の両親を不安にさせること間違いなしです。



 フィクションです。

わざわざ言うまでもないと思いますが。いまどき、

こんな挨拶の仕方をする方はいませんね。

ドラマの中。または、お昼のテレビで、新婚さんを紹介する番組の中だけです。

いわゆる、フィクションです。

実際に挨拶に行くときは、絶対に真似してはいけないやり方ですね。

         

成功事例とコラム集

関連エントリー

成功例:挨拶の前に了承された例
失敗例:最悪な思いをしたRさん
息子離れしていない義母は危険
相手の両親は 人格を見ている
再婚・子連れ・年齢差の場合
「娘はやらん!」ドラマのような展開はある?


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。